引越しするならフレッツ光は「解約」すべし!

引越しが決まったら早めにやるなければいけない固定回線の手続き。フレッツ光の場合、移転手続きをする必要があります。

しかし移転手続きでは余計な出費が発生するため、引越しの際は"解約"してしまったほうがお得です。フレッツ光を解約してしまって引越し先では新しい光回線に加入するのです。

それって余計な出費があるんじゃないの?と思われるかもしれませんが実はそんなこともないのです。

詳しい金額を記しての解説は以下を読み進めてください。

フレッツ光の移転と解約、これだけのお金がかかる

まずいまお使いのフレッツ光の環境を、引越し先でもそのまま使おうと思ったら移転工事費という余計な出費がかかります。

戸建てへ引っ越し
(3戸以下の建物)
9,000円
集合住宅へ引っ越し
(4戸以上の建物)
7,500円

※土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円

これは回線の撤去作業、新居での回線工事代金などにかかるお金として徴収されます。

一方で、フレッツ光を解約したあとに別回線を新規契約する場合は以下の費用がかかります。

NRUO光の場合
月額基本料金:4,743円
基本工事費用:40,000円→0円 ※キャンペーン中につき工事費実質無料!!
契約事務手数料:3,000円(初回のみ)

実際に発生する出費は初回の事務手数料3,000円くらいです。

おまけに新規契約特典としてキャッシュバックがもらえます。

NRUO光の場合
キャッシュバック:30,000円

30,000円-3,000円=27,000円で、赤字どころか2.7万円の臨時収入が発生していますヽ(*´∀`)ノ

●契約期間中であっても解約はできる!

●フレッツよりも速い・安い!

●料金がコミコミなのでわかりやすい!

フレッツ光で東日本⇔西日本での移転はできない

フレッツ光を提供しているNTTは、東日本と西日本に分かれていますがこの2社は別会社として扱われています。

そのため東日本から西日本へ引越しした場合、西日本から東日本に引越しした場合の双方で、移転手続きはできなくなっているので注意が必要です。

大阪から東京へ転勤などでいく時に、引越しするだけだから移転しようと思ってもできないのだから不思議です。
そういう事情があるため、なおさら移転よりも解約がおすすめなんです。

フレッツ光を解約したあとは、『NURO光』への加入がお勧め!

NURO光というソニーグループが提供する光回線がいま一番お勧めできます。フレッツ光と比較して速度・料金・特典の3点で優れているのです。

●月額料金

フレッツ光 → NURO光 差額
5,100円~ 4,743円 月々357円もお得
1年で4,284円も安い

●通信速度

フレッツ光 → NURO光 差額
最大1Gbps 最大2Gbps およそ2倍の速度

●入会特典

キャッシュバック:3万円
高性能無線LANルーター提供
So-netサポートサービス無料

以上のようにただ単にフレッツ光からNURO光に乗り換えるだけでお得さと使い勝手がアップするのです!

た・だ・し!

新規加入できる人に条件があります。

NRUO光の加入条件
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県にお住まいの方
・集合住宅の場合は7階建て以下まで(一人暮らしの方)

フレッツ光のおよそ2倍のスピードを保つために、設備を拡大しているようですがまだ関東近辺でしか対応していません。
またあまり高層階でも工事ができないようなので申し込みの際には注意が必要です。

そんな限定感のあるNURO光ですが、申込対象の方にとってはマチガイなくお得なのでぜひ公式ホームページをチェックしてみて良さそうか判断してみてください。

通信スピードNo.1の『NURO光(ニューロ光)』

1都6県で提供されるいま人気のNURO光です。

【料金】月額4,743円
【速度】下り最大2Gbps
【特典】キャッシュバック3万円

わかりやすい料金体系に安さ・使い勝手がピカイチです!フレッツ光に不満を感じていた人にぜひとも試してほしい固定回線です。

NURO光の条件に漏れている方は残念ながら他の回線に申し込む他ありません。今だとソフトバンク光・ドコモ光・auひかりあたりが人気です。それらの詳しい情報は『フレッツ光の乗り換えガイド』がわかりやすくまとまっています。ぜひ参考にしてみてください。

引越しの当日は慌ただしくなりがちです。引越し業者が家に到着してから、やり残した作業に気づいて慌てることがないように前日までにしっかり準備をしておきましょう。引越しをするとなると、衣服や食器類などの細かな生活用品の荷造に気をとられがちですが、家電機器には事前処理が必要なものがあります。まず、やらなければならないのは「冷蔵庫や洗濯機の水抜き」です。引越し前日には必ず冷蔵庫の中身を空にして、コンセントを抜き、ドアを一晩開けておきます。洗濯機、水栓を閉めてから手動で脱水コースを選んで水を抜きます。こちらもコンセントを抜いて、蓋を一晩開けておきます。引越し当日に業者への支払いが発生したり、今まで住んでいた家を離れることによって清算しなければならない案件が発生したりする場合もあるため、引越しの日までに現金を多めに用意しておくと安心です。また、引越し当日は自分の家族以外の人が沢山出入りすることになりますので、貴重品を紛失してしまわないように当日までに貴重品をひとつにまとめて持ち運びしやすい鞄などにまとめておくと良いでしょう。しっかり下準備をして、余裕をもったスケジュールで新しい家に移ることができると良いですね。

▲ページトップへ戻る